ずっとここにいること。

  • 2017.03.13 Monday
  • 09:41
りつこです。
東日本大震災から6年が過ぎました。
あれから今までの間、日本は熊本大地震をはじめ、数多くの自然災害に見舞われましたが、それは今後も避けようがない現実。

でも、私の、一度は諦めた目は、季節ごとの美しい景色を見ることができます。

鼻と口から、良い匂いの風を胸いっぱい吸い込んで深呼吸すると、(自分も大気の循環の一部なんだな)と感じることができます。

耳をすますと、身近にあふれる自然の音にもきちんと秩序と理由があることに気がつきます。

ひとつ、ひとつに、感動します。
それぞれを知っているはずだし、周期的に繰り返しているはずなのに、どうしてこんなに心が惹かれるんだろう。
どうしてこんなに愛おしく感じるんだろう。




モノを作る時、いつも「植物が実や種を作るのに似ているな」と思います。感じると、そっと自分の中で種が芽吹く。

その芽が育ち、花をつけ、時が来たら実を結んでゆきます。
育てたくても育たない苗木はたくさんあります。 花が咲くように素晴らしいアイデアが思い浮かんでも、実にならずに花が枯れることも多くあります。

実にはなっても、次へ繋がる種が作れない時もあります。

しかし種を作るのが全ての目的というわけでもないようです。

種が残せなくても、肥料になり、感動の芽吹きが止むことはないためです。

人前に出ることの業や欲を恥じ、それを正当化する理由が欲しくて自分を痛めつけた過去を今回語らせてもらったのも、湧き上がるものがあっての行動でした。

出会いに恵まれ、私自身、多くの方々に育てていただいています。未熟者ですが、震えながらでもなんとか立ってさえいれば、いつか小鳥や虫たちに必要とされるかもしれないし、疲れた人が休む木陰が作れる木になれるかもしれない。

ずっとここにいる意味をそんな風に感じています。
とりとめのない文章をお読みくださり、本当にありがとうございます。なんだか暗いので心配してくださった方もいらっしゃいますが、おかげさまで元気です!
今後ともよろしくお付き合いくださいませ。

好奇心いっぱいの輝く目

  • 2017.03.08 Wednesday
  • 16:56
りつこです。

退院して、初めての育児に追われる毎日です。

大変なこともそれなりにあったはずですが、(まぁ、生きてるし、元気だし、目も見えるし、いいかぁ)なんて感じであまり覚えていないんですよね。一度、うっかり死にかけたので目標のハードルがうんと下がったのかもしれません。


時間的に練習や作曲ができなくなったのは焦りましたが・・朝、みんなが起きる前、3〜4時くらいに起きて、最低限の仕事をしていた時期だったように思います。

でも!それよりも何よりも、子供と家の周りを散歩したり、少しずつ話ができるようになったりする事が楽しくて楽しくて。

私も子供の時、天気が良い日はよく母や祖母と野山を歩きました。いつも歌っていた気がします。

もともと野山を散歩するのは好きでしたが、この時は、好奇心いっぱいの瞳を持った、『毎日がはじめて』の小さな人と一緒なのです。


ずっとこのままならいいのに、なんて思う事もしばしばでした。

そんな時に、東日本大震災が起きます。
日本中の人が同時に今ある日常が儚く脆いものだと気づかされました。

思いがけない事態

  • 2017.03.05 Sunday
  • 19:40
りつこです。

それから、長くて暗いトンネルの中にいるような毎日でした。

どこへ向かったらいいのか。
何に努力したら良いのか。


その頃、結婚と出産という人生の転機を迎えました。出産後も仕事は続けるライフプランではありましたが、妊娠中の演奏活動があまりにもハードで、お客様にご迷惑をおかけしそうになったことがあり、演奏活動を続けて行くことに自信が持てなくなっていました。

前述の棘が、常に胸の深いところで疼いていて、本当は逃げ出したい気持ちもあったのかも知れません。今だから言いますけどね。

やがて仕事も産休に入り、ベビードレスを作ったりしながら、穏やかで楽しい時間を過ごしていたとき、事態は急変したのです。

妊娠性高血圧症を発症し、緊急入院。手術後、目が醒めると別の病院に搬送されていました。

ありがたいことに母子ともに命は助けて頂きました。2日ほど意識がなかったそうで、そんな事知らない私は目覚めただけでなんでみんなそんなに喜んでるんだろーと(笑)
ぼーっとした頭で説明を聞きながら、私はある事に気付きました。

片目が見えない・・

診断の結果、治るかどうかなんとも言えず、治療もない、という事です。

普通ならとてもショックな宣告かもしれません。でも子供も助かったし、
(まあ片目があるからいいや!)
心からそう思いました。

しばらくして、目は自然に治りました。経緯をご存知の方にはずいぶんご心配をおかけしてしまいました。


モノづくりへの憧れ

  • 2017.03.01 Wednesday
  • 23:33
りつこです。

本当に楽しんで音楽をやりたい、と思った時に「演奏は仕事でなく、趣味の方が自分には向いているのでは?」

じゃあ自分は何をやりたいんだろう??
ずっとフルートの事しか考えてなかったので、本当に困ってしまいました。

そんな時に思い出したのが(モノづくり)への憧れでした。音楽以外で夢中になっていたもの・・それは何かを作る事でした。

縫い物でも木工でも絵でも、何かを思いついて手先を動かして形にしていく事が大好きです。ぼんやり、色々なものを眺めているうちに、「楽器製作」に関係する事に心が反応している事に気付きました。

自分なりにあれこれ行動してみたのですがどれもできる気がしなくて(笑)
そんな時に目にとまったのがオカリーナでした。迷う間も無いほどすぐに、部屋の隅っこで粘土をこねはじめました。

もう夢中でした。トライ&エラーの毎日がただ、楽しかった。
その頃はそれが仕事になるなんて、全く考えていませんでしたが。

オカリーナを作っては、山歩きをし、少し肩の力が抜けたフルートを吹いて過ごしていた頃です。

ごめん。また暗いかも(笑)

  • 2017.02.28 Tuesday
  • 09:35
りつこです。

なんとなく続きです。
自分語りですみませんm(_ _)m

なんとか、なんとか、ここで諦めてはいけないと しがみつくように練習を続けていました。


前述の演奏のアルバイトでも、精神的大ダメージ受けてましたし、 このうえ、大学でも順位を落とすわけにはいかないと、かなり追い詰められていたのだと思います。

そんな時、大学の同級生のひとりが急激に上達をしていきました。
入学時には、(なんで音楽選んだのかな)と自分の事を棚に上げて思っていた子です。

その子が今や、音もテクニックにも磨きがかかり、何より、とても楽しそうで、 魅力にあふれた演奏をするのです。

危機感を覚えた私は、また必死に練習をし、その結果、肩を痛めました。

痛くて痛くて、フルートが吹けません。

もう、ただ、ひたすらに、情けない。
肩が痛くて、整骨院に通う毎日。

遊ぶ気にもなれなくて、1人でよく山を歩いていた気がします。
おばあちゃんが心配して「女の子が1人で山なんて危ないからやめて」というので 家族にも内緒で、山歩きをしていました。

子供の頃から、何度も通った山ですが、 日々、景色が違って見えます。
山から自分の住む町の風景をただぼんやり眺めていると、
小鳥が寄ってきてくれたりします。

ずいぶん、救われた気がします。


私も、独りよがりでなく、本当に音楽を楽しんで演奏してみたい・・そう思い始めました。

ウルイ。ギボシの新芽。春の味覚です。

蕾がほころぶ時

  • 2017.02.17 Friday
  • 09:28
りつこです。

「基礎練習って大事なんですね!」

最近、あちこちで生徒さんからこう言われます。

子供時代から楽器をやる人と、
大人になってから始める人の
大きな違いでもある基礎練習。


始めは正直な意見を伝えて下さるも多かったんです。 「今さら基礎練習やってもなあ・・」
「楽しく曲が吹けたらそれでいいんだ」

時には落ち込んだり、もうダメだと
お互い感じることもあったかもしれません。
でも最近は根気強く、自分なりに工夫しながら 指導させてもらってきたことが
時間をかけて浸透してきたように感じられて本当に嬉しい!!


実験的なレッスンも多かったと思うのですが、
懲りずに付き合ってくれる生徒さん方のお陰で分かってきたこともあるし!

私の言うことを真剣に聞いてくれて、実践してくれる生徒さん方に
心から有難いなぁと、庭に咲き始めた花を見ながら思っています。


山歩き 〈冒険編〉

  • 2017.02.07 Tuesday
  • 09:45
りつこです。

先日の山歩き、別角度で冒険編としてご報告。




冒険は山奥の寺院から始まった。
仲間はおらず、アラフォーの女1人である。
移動手段は徒歩。武器、防具なし。

冒険開始とともに、寺院でお守り500円×3を買う。
この時はじめて、お財布にお金を入れ忘れ所持金2000円だったことに気づき、精神的ダメージ。
まさかの所持金500円に。小学生か。

出発早々退却も考えたが、とりあえず進む。先だってご報告したと龍の住む池で癒され、全回復。

しばらく山道を1人で歩く。

あたりからイノシシの匂いが漂って来る!イノシシ出現の予感!

戦う?or逃げる?


もちろん、逃げる。
イノシシのようなボスモンスターに冒険開始から丸腰で出会って良いはずがない。


またしばらく行くと、モンスター出現!
『野生のタヌキ』
野生のタヌキは警戒している!!
りつこも警戒している!!
野生のタヌキは逃げ出した!!

これがリアルである。

またしばらく山道を行く。



りつこはアイテムを見つけた!
『なぞのキノコ』
手に入れる?or 通り過ぎる?

当然通り過ぎる。これもリアルである。

山道を抜けると、そこには町があった。『ぜんざい』『たいやき』にいくら心惹かれようが所持金500円の冒険者などお呼びでないことはわかりきっている。


池に差し掛かると、渡り鳥たちが水面でぷかぷかと寛いでいる。野生動物でもこの距離なら穏やかだな、と何気なく口笛を吹いてみる。その途端
マガモAは仲間を呼んだ!
マガモBは仲間を呼んだ!
マガモCは仲間を呼んだ!(以下略)
マガモの大群が私の前に現れた。いや、空からもまだ集まってきている。あっという間に40〜50羽に囲まれた!

・・どうやら餌付けをされていたらしい。
しかし何度も言うように私はお守り×3と500円しか持っておらず、カモたちの
(クレルノ?クレルヨネ?)
期待のこもった視線に耐えきれず

りつこは逃げ出した!!


時間にして30分ほどのウォーキング。しかしゲーム並みの遭遇率です。
物騒なものに出くわしたら「三枚のおふだ」の小坊主のように三つのお守りを投げてみよう、と思いましたが無事帰宅できましたよ。

とっても楽しかったけど、歩いただけで体力が減り、久々の山道だったことを次の日の筋肉痛で感じるあたりが一番リアルだったのでした。

環境が生むもの

  • 2017.02.04 Saturday
  • 13:07
りつこです。

今年初めての山歩きです。


子供の時から慣れ親しんだ山道。

低い山ながら眺めが良く、体調にあわせて
コースを選びます。

山の頂上付近にある池は、このブログにも何度も登場していますが
この日初めて、真珠色の鯉を見ました。


美しい池で、見るたびに鏡のような水面と、他に例えようのない色に毎回感動します。

そこに静かに佇む真珠色の鯉。

あまりの神々しさに、自然と手を合わせていました。

特別な信仰とか思想とかない私がそうなのですから、自然信仰が盛んな時代ならば・・・と想像します。


血とか、教育だけでなく、自然や、環境によって育つ感覚があるのだ、と肌で感じられる場所です。


万能薬

  • 2017.01.30 Monday
  • 08:32
りつこです。

ここの所、夜な夜なパソコンとにらめっこ。

目は疲れるし、肩は凝るし、眠いし、顔のシワまで増えてきた気がする。

編曲はやってもやっても全然足りないし、先が全く見えません。
外出先で鏡を見たら目の充血がひどい。
これはいかん、とカバンの中から目薬を探しましたが目薬が・・・ない。

仕方ないので近くのドラッグストアで目薬を買うことにしました。


(さて。どれにするかな。前と同じでも良いけど、最近疲れてるからなぁ・・・ちょっと高いのにしてみるかなぁ)

目薬の棚の前で、眉間にしわを寄せた顔色の悪い猫背の女が立ち尽くすのを見かねたのか

薬剤師さんが話しかけて来てくれました。

その時には大体買うものを決めていたのですが せっかく話しかけて来てくれたので
「この、充血がとれると書いてある目薬にしようと思っているのですが・・・」
と伝えると
薬剤師さんは成分をみて「そうですねぇ、これも良いのですが こちらの方がオススメですよ(ニッコリ)」

すすめられた目薬は私が買おうとしていた目薬の2倍以上のお値段!

ええぇ・・・と思ったけど
薬剤師さんは畳み掛けるようにあれこれ説明をしてくれます。

成分の名前とか知らんしなぁ〜と
ぼーっと聞いていると、打てど響かぬ私の態度にさらに熱心に出力パワーを上げてくれる薬剤師さん。

でも、でも、その説明の中で凄いことを言ってくれたのです!!
私は聞き逃しませんでしたよ!!!

「この目薬は、目の充血だけでなく、その原因までも治していってくれるんです」

えっ!?今、原因まで治すって言った?言ったよね!?

「これください!」
「は?はい!」
それまでうわの空で聞いていた客が突然高額目薬を買うと宣言したので
薬剤師さんも少し驚いていたようですが

早速私は目薬を握りしめ、レジに並びます。

疲れ目の原因・・原因まで治してくれる?
肩こりとか、頭痛とか、睡眠不足もかな?
・・・もしかしたら仕事も捗りまくるのかも!!
シミもシワも無くなるのかも〜〜!!!
そうだ私は万能薬を手に入れたんだ!!!

・・・そうだったら本当にいいんだけど。レジに並びながらこんなアホな事を考えていたのはここだけの話。

あ、あと薬剤師さんの説明はあくまで私にはそう聞こえた、ということで。

目つき悪いぞ〜

半ベソ道中

  • 2017.01.23 Monday
  • 18:02
りつこです。

(最近コイツ調子に乗ってんじゃねえか)

と思われても仕方ないハイペース更新です。

いつまでこれが維持できるかな。ふっふっふ。

先週土曜の午前中、教室に見学の方が来られる予定でした。なんと、鳥取から。

熱い想いに感激しながら色々と打ち合わせのやり取りをして、
いよいよ明日というその時。

中国地方に大雪の予報・・・

降り始める雪とほぼ同時に鳥取〜岡山間の高速道路全面通行止めの情報。

きっと来られないだろう、と思いました。
お会いできる楽しみは延期だなあ。

そして、夜が明けて、目が覚めて
真っ先に確認したのは窓の外。

よかった、降ってない!

でも念のためいつもより早めに家を出よう。車を暖めるために外に出てあたりを見回すと向こうの山は雪化粧。



きれいだなぁ、とのんきに写真を撮ったまでは良かったのですが

教室までの道中で半べそをかく羽目になりました。

家を出てからすぐ、山をひとつ越えないといけません。
9時も過ぎて天気も晴れ、家のあたりは雪も無く、
道路も異常なかったのですが
ほんの数分進んだだけで

坂の途中で上るのをあきらめたらしい車が路肩に数台。
その横を恐る恐る通り抜け

対向車線を下ってくる車に怯え、
道路の溝を覆う金属の蓋を
抜き足差し足で進み(車だけど)
真っ白に凍った橋に戦慄し

やっとのことで山を越えました。
ちなみに山の上は雪国でした。

ほっとした所で、ガードレールの上で裏返っている車に出くわし
また半べそ。


岡山人の平和ボケですね・・・

まあとにかく、何とか教室にたどり着いたのですが

私が今見てきた風景を必死に語ったら
「先生、どんな所から来られたのですか???」

なんと、鳥取の方も無事に来られていました。
しかも私より早く着いてた・・・

この日の車のフロントガラス。
こんな日は注意深く移動しましょう。
私も今後向かいの山に雪が降ってる時はやめとこうと思います。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

軽部りつこ

軽部りつこプロフ写真
自作のオカリーナで作曲・演奏活動をおこなう 。
2015年「大原美術館とあなたが紡ぐ物語 〜小川洋子がいざなう朗読会II〜」(大原美術館)に出演、即興演奏で好評を得る。
板野酒造本店のテレビCMの音楽を作曲 。
他に「月の舞台 軽部りつこsolo Live」では旧家に継承される能舞台で演奏を披露するなど、活動の場を広げている。
オカリーナを中心としたアンサンブル・グループ Ritmo Felice Trio リーダー 。
1st album 『春によろこぶ』 2nd album 『ちいさい秋みつけた』 の作・編曲を手がける 。
ホームページへ

1st.Album
春によろこぶ

春によろこぶ 2012.4.23 Release
演奏 リトモ・フェリーチェ・トリオ
軽部りつこ作・編曲
2,000円(税込)
ご購入ページへ

2nd.Album
ちいさい秋みつけた

2012akki-cdmini.jpg 2012.10.1 Release
演奏 リトモ・フェリーチェ・トリオ
軽部りつこ作・編曲
2,000円(税込)
ご購入ページへ

Book
オカリーナ入門

オカリーナ入門 2013.2 Release
軽部りつこ著、待望のオカリーナテキスト第一弾。
全40ページ A4サイズ
2,000円+税
ご購入ページへ

Book
オカリーナ曲集

オカリーナ曲集 2014.1 Release
ソロからアンサンブルまでレッスンはもちろん、 発表会やパーティーまで使える楽しい曲集です。 全72ページ A4サイズ ご購入ページへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM